事業を運用したり、開業したりする上で資金調達は共通の課題です。
避けることのできない課題であるため、事業資金や開業資金の調達について詳しく知りたい人は少なくありません。
事業資金などの調達に最適なビジネスローンや不動産担保ローンを紹介します。

起業や開業に必要となる資金はさまざま

独立して開業する際、どのような費用が発生するか気になる人も多いでしょう。
一口に費用といっても、業種によってさまざまです。
一般的にパソコンなどの備品の購入費用や店舗の賃貸費用、人件費などが大きな割合を占めます。
無論、開業前に十分なパソコンなどの備品があれば改めて購入する必要はありません。
 
他にも、従業員の募集を行うための費用や商品の広告費などがかかることが多いです。
業種によって何の費用が高くなるかは変わってきます。例えば、IT関連の業種であれば、充実したホームページの作成と管理、インターネットを使った広告などにかかる費用の割合が大きくなるでしょう。
そのため、不動産担保ローンなどを検討する際は、資金の使途の自由度が高いものを選ぶことが大切です。
設備投資の資金や運転資金などに自由に使うことができれば便利でしょう。
店舗の賃貸費用などだけでなく、細かな費用も重なると大きな支出となることがあります。
 
例えば、飲食店を開業する場合、食器類や店員の着る制服などの費用がかかります。
食器1枚なら安くても、たくさん揃えると高額になることもあるでしょう。
また、制服もさまざまなサイズを揃えると意外と費用がかかるものです。
他にも、水道光熱費などのランニングコストも当然かかります。
 

事業資金の融資を受けるには

中小企業や個人事業主を対象に、事業資金の融資を行う金融機関は少なくありません。
そういったビジネスローンは、政府系金融機関でも行っています。
例えば、日本政策金融公庫や商工組合中央金庫では、事業資金の融資を無担保で受けられるため便利だと思います。
他にも自治体には信用保証制度というものがあり、それを利用した保証付きの銀行融資も、信用保証協会が保証人になってくれることによって無担保で借りられます。
 

日本公庫や商工中金による融資の特徴

日本公庫と略される日本政策金融公庫や商工中金とも呼ばれる商工組合中央金庫は、無担保で受けられますが、必ずしも利用者の資金の使途に合っているわけではありません。
起業や開業に必要となる費用は多岐にわたるため、政府系金融機関では対応しきれない場合も少なくないと思います。
 
また、融資を行うかどうかの判断も、過去の事業の実績をもとに検討されるため、決算書や確定申告書の提出が求められて手間がかかります。
そして赤字であれば黒字になると予測されない限り、融資してもらうことはまずできないでしょう。
他にも、提出が義務づけられている事業計画書は返済計画を明確にする必要があります。政府系金融機関で無担保で借りられますが、その分融資額が少なめで、長くとも5年くらいで返済できる金額までとなっています。
 

不動産担保ローンは事業資金の調達に最適

不動産担保ローンは、個人事業主や法人などを問わず、おすすめの事業資金の調達方法です。
不動産を担保にすることで高額の融資が可能となり、返済期間も長く設定できます。
 
また、資金の使途は自由なので、どのような業種で事業を始める場合でも適しているのです。
融資をされるまでの期間も比較的短いので、すぐに開業したい人などにとっても便利だと思います。
土地や建物を相続したら、不動産担保ローンの活用を検討してみると良いでしょう。
他にも、複数ある借入先を統一するために、不動産を担保にしたローンを活用するという方法もあります。
 

事業資金の調達なら不動産担保ローンが使いやすい

事業資金の調達をしたい場合は、不動産担保ローンが最適です。
起業や開業に必要となる資金はさまざまで、融資を受ける際にはその使途にも注目しなくてはなりません。
日本公庫や商工中金による融資は、政府系金融機関で無担保ですが、使途が限定されています。
不動産担保ローンなら使途の制限がなく、事業資金の調達に最適でしょう。